方言の多い中国語の翻訳を依頼するときに注意すべきこととは

中国語翻訳の単価について

開いた本

中国でのビジネスに中国語翻訳で有名な翻訳会社FUKUDAIのサービスが最適ですよ!ネイティブによる翻訳とチェックが魅力的な翻訳会社です。

中国語の翻訳ですが、意外と単価がしっかりとあります。二つの考え方があるのが翻訳の仕事の単価です。一つは最も一般的である、翻訳元の文章の一ワードあたりで何円という単価計算です。例えば、中国語で「火車」と言うのがありますと、これは二文字分になります。
つまりは、一文字15円だとすればこの漢字を日本語に訳すのであれば30円になるわけです。この単価はやはり微妙に違いがあります。或いは逆に日本語に直したときの文字数で考えることもあります。ちなみに火車とは、日本語で言えば電車になります。一文字あたりで数円の違いであろうとも何万文字になったりしますと大きく総額が違ってくることになりますから、注意しましょう。
それとそれなりに相場はあるのですがやはりどんな文章を訳すのか、ということによって違ってきます。コンピュータのマニュアルであるのか、経理関係の書類であるのか、金融関係であるのか、特許関係、或いは契約書ということもあります。専門的なスキルが必要になればなるほど責任が重くなりますし、言い回しが独特になりますから単価は上がる傾向にあります。これは別に中国語に限ったことではないです。翻訳関係の仕事において、常識的な料金形態です。

中国語の翻訳の費用に関して

実は翻訳という仕事はある程度の相場があったわけですが、クラウドソーシング系では結構な価格破壊が進んでいます。つまりは、どこにも属することなく翻訳を請け負う人が増えてきており、それで意外と単価が安くなってきている、という傾向があります。
これは中国語の翻訳にも言えることです。但し、一言に中国語といっても実はかなり方言があります。どれを依頼するのか、というのをはっきりとさせる必要があります。似ているように見えるかもしれませんが、まったく違います。また中国語は、中華民国の言葉とも別になりますから、依頼する時には注意しましょう。
基本的に相手から具体的に見積もりを出してもらう時にそのあたりはしっかりと確認されるでしょうが、依頼する側も理解しておいたほうがよいことではあります。肝心の単価ですが原則的には文字単価になります。つまりは、翻訳する言葉、文章を一文字いくらで請け負うことになります。但し、その後も細かく違いが出てくる部分があります。例えば手紙、契約書、マニュアル制作、金融関係などでは単価が高くなります。日常会話ではなく、専門用語ですし言い回しがとても重要になるからです。高い翻訳スキルが求められるのです。

クラウドソーシングでの翻訳の仕事

翻訳の単価について、私の場合を例に話をさせていただきます。現在、民間の翻訳会社2社に翻訳者登録をし、クラウドソーシングには3社登録をしてそれぞれ仕事を受注しておりますが、民間2社は400字詰め原稿用紙で1100円と800円です。翻訳対象にもよるのですが、私の場合特定の翻訳分野がなく、一応「ビジネス全般」ということになっています。これが「特許」や「医薬」関連のものであればレートももっと高くなるようです。
ただ、もう一つ問題があります。私のような翻訳者として経験が浅い(3年~4年)者は急ぎの仕事が多く、確かに1案件8000円~10000円程度にはなるのですが、1日~2日の納期が大半です。なので体力的に非常にきつく大変なのです。従って、案件を自由に選べるクラウドソーシング経由の仕事が今は多いです。そちらの方から2社継続受注の案件がありますが、1案件7000円程度で、納期は約1ヶ月(実際には2週間程度で完了することが多いですが)です。
おそらく年間でも実収10万程度だと思います。(もちろん、もう1社と単独の案件もあるにはあるのですが)今はサイドビジネスとしての仕事なのでいいのですが、今後(退職後)を見据え、仕事内容もより慎重に選択し、より効率よく稼げるよう考えていく必要があると思っています。というわけで、「新人翻訳家」の現状の一例としてご参考になれば幸いです。

注目コンテンツ

翻訳家になる方法とは

プロの翻訳家を目指して日々努力している方は多いのではないでしょうか。しかし、翻訳業は非常に新規参入が難しい業界ですので、素人がいきなり翻訳家になることはまず不可能です。今回は翻訳家に…

Read More

翻訳はどんな人が行っているのか

翻訳をやっている人ってどんな人だと思いますか?私の経験に基づいてお話しさせていただきます。まず考えられるのが「英語が好きな人」。でも、私自身そうなのですが、ただ英語が好きなだ…

Read More

翻訳を目指すなら諦めずに追い続けることが大切

翻訳家になりたいと考えている人に一言。あなたは「翻訳家」に対してどのようなイメージを持っていますか?私自身翻訳に携わる者として思うのは、「翻訳って、はたして報われるものなのか」という…

Read More

翻訳をお願いするときの探し方

翻訳して欲しい素材がある場合どこへお願いをすればいいのか?まず、その言語(たとえば英語)が苦手で個人的に(仕事関係であれ、私的なことであれ)そこに書かれている内容が知りたい場合、クラ…

Read More